相続税の基礎控除の引き下げ

公開日:2021-06-06 09:00

目次


今さらながら、平成27年1月1日以後に開始した相続については、

改正前基礎控除 法定相続人の数×1000万円+5000万円 が4割縮減されることとなり、

改正後基礎控除 法定相続人の数×  600万円+3000万円 とされました。従前の基礎控除は、主に東京などの都市部でバブル期に土地が高騰したことから住宅の土地価格が上昇。相続税の過大な負担を回避する目的から基礎控除を高く設定したものです。法定相続人の数×1000万円+5000万円の基礎控除が適用されていた期間は、平成6年から平成26年までの21年間にも及びます。基礎控除の引き下げ=相続税増税ととらえる向きもありましたが、地価の高騰もおさまった現状においては、適正な基礎控除の

設定であると考えられなくもないと思います。